映画と映像とテキストと

映画や読んだ本などの感想を書きます。ビデオゲームについてはこちら→http://turqu-videogame.hatenablog.com/

2019-11-18から1日間の記事一覧

『牯嶺街少年殺人事件』を観た

1991年。エドワード・ヤン監督。長い映画だが、映画が始まったその最初シーンから、そこに映る画の見事さに惹きつけられる。どのシーンも「こうでしかない」と感じる構図ばかりが出てくることに、本当に奇跡だという感覚を抱き、エドワード・ヤンの凄さにや…