映画と映像とテキストと

映画や読んだ本などの感想を書きます。ビデオゲームについてはこちら→http://turqu-videogame.hatenablog.com/

『悪魔のような女』を観た

1955年。アンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督。面白い。もう本当に完璧で、見ることに全てがある。暗がりから明かりのついた部屋を覗き込むことの恐怖が、こんなにも魅力的に映像としてフィルムに焼けることの奇跡。いやぁ、楽しかった。ラストのとんでん返しも、そこにあるサービス精神こそが気持ちいい。襞のある楽しさというか、含みのある娯楽性。気持ちいい。