映画と映像とテキストと

映画や読んだ本などの感想を書きます。ビデオゲームについてはこちら→http://turqu-videogame.hatenablog.com/

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を観た

2019年。片渕須直監督。素晴らしい作品だとは思うんだけど、前作の方が良かったなぁと思ってしまった。前作観賞後に原作を読んだときは、随分と思い切って重要エピソードを削ったなと思ったけど、本作(さらにいくつもの)を見たあとだと、余計に前作の翻案は本当に素晴らしかったと思う。

 

遊郭のリンさんの秘密を知る時も、また夫の周作にも知られるところになるのも、なんだかあっさりというか、いや原作でもあっさりしてたんだけど、もう少しこう、情動の揺れ動きを感じたような気がするんだけど、どうも完全版である本映画では、すずさんを「トボけてて強い人」みたいな人物により描いているように思える。セックスを拒むシーンにすべてが負わせすぎではないだろうか。うん、上手く言えないけど、なんか本作には上手く気持ちが乗れなかった。何回か見たら、また印象は違うのかもしれないが。なんか長かったなと思った。ふむ。