映画と映像とテキストと

映画や読んだ本などの感想を書きます。ビデオゲームについてはこちら→http://turqu-videogame.hatenablog.com/

『母なる証明』を観た

2009年。ポン・ジュノ監督。いやぁ、これも面白いな。ポン・ジュノ作品は、人の行動の複雑さではなく、その単純さや底の浅さを意地が悪いくらいに炙りだすような手つきで描く。それは同情とかを許さない、言い訳の入る余地がないほどのあけすけな人間らしさでもあり、人間らしくなさでもある。

 

本作も「母」の話ではあるのだけど、多くの人がイメージする「母なるもの」からとにかく離れたイメージやモチーフが連続する。近親相姦、子殺しなどは正にそういうものにも思えるけど、そこにも「母なるもの」への正反対の価値があるという、そんな単純なものではない。そうしたイメージの反対側にさえ「母なるもの」がいないような、どこにも「母なるもの」がいないという徹底した脱「母」的なイメージが作品全体を覆っている。そんな凄く批評的なものを感じさせるとはいえ、母が母らしく振る舞おうとすればするほどに、「母」から遠ざかっていき、最後は踊り狂うしかなくなるという分かりやすいイメージとしても描かれる。このシンプルさも面白かった。