映画と映像とテキストと

映画や読んだ本などの感想を書きます。ビデオゲームについてはこちら→http://turqu-videogame.hatenablog.com/

『チャップリンの黄金狂時代』を観た。

1925年。チャールズ・チャップリン監督。雪山の山荘の絵といい、室内の絵といい、実に素敵。しかし僕はどうもチャップリンの映画が苦手だ。なぜなのかよく分からないが、尻の座りの悪さを感じてしまう。

 

チャップリンのあの顔がとにかく苦手。とても立派な人だし、賢い人なんだろうと思うが、どうしても大人しく話を聞こうという気持ちになれない。おそらく私がまだまだ子供で、幼いからなのかもしれない。