映画と映像とテキストと

映画や読んだ本などの感想を書きます。ビデオゲームについてはこちら→http://turqu-videogame.hatenablog.com/

『翔んで埼玉』を観た

2019年。武内英樹監督。意外に面白かった。ギャグとしてやる悪ノリもそんなに嫌な感じがしなかった。結構真面目さが作品に通底していて、それを感じ取ったからかもしれない。

 

終盤で加藤諒が「馬鹿にされるのが嫌だったのに、薄ら笑いを浮かべてなんでもないフリをしてた」みたいことを語るセリフがある。こういう足元のしっかりした言葉が出てくるところがいい。『ブロメア』もこのぐらいのセリフが1つでもあれば、良作になっただろうに。

 

娘を結婚式に連れて行く夫婦が話全体を通して描かれるわけだが、これもとてもいいクッションになっていた。現実とファンタジーの境目の存在として、橋渡し役を担っていた。軽薄な映画ではあるけれど、とても座りの良い映画でもあったと思う。