映画と映像とテキストと

映画や読んだ本などの感想を書きます。ビデオゲームについてはこちら→http://turqu-videogame.hatenablog.com/

『永遠に君を愛す』を観た

2009年。濱口竜介監督。58分の短い作品。濱口映画らしいただならぬ緊張感を感じさせる会話劇が楽しい。新郎新婦も親たちも友人たちも、すべてが虚飾に包まれている中で執り行われる結婚式において、唯一信じられるのは、意外にもこれから夫婦になろうとしている2人の愛情なのかもしれず、面白い。