映画と映像とテキストと

映画や読んだ本などの感想を書きます。ビデオゲームについてはこちら→http://turqu-videogame.hatenablog.com/

『雨月物語』を観た

1953年。溝口健二監督。素晴らしかった。ただ見ることしかできない。そして画の美しさもさることながら、セリフの美しさにも毎回唸ってしまう。着飾ることはないが、その地に足のついたセリフの数々に心に余裕を持って安心して見ることを楽しめる。

 

市場のシーンの美しさはすごかった。画面の端にも世界が広がっているようにしか思えない、そのドキュメンタリー感。すごくドラマがかった作品なのに、時折、そのままの現実を写しているような錯覚をする。しかしおそらく現実を(仮にタイムマシンに乗って)撮影したとしても、あんなに美しくはならないだろう。あるべきところにあらゆるものがあるという錯覚に酔う。そのなんと心地よいことか。

 

また、あの妻の霊が現れる有名なシーン。主人公の男が眠っても、それが幻のように消えたりしない。そのまま霊が動き、物を動かす。幽玄と言うのとは違う、その物理的なあり方に惚れてしまう。幽霊がこんなにも物理的なんて、なんて素敵なんだろうか。

 

本作は「モノ」の映画だと思った。モノをめぐる執着、嫌悪、恐怖。日常ではモノ的ではないと捉えているものさえ、ありありとモノとして写し撮られる。その唯物論的なあり方にとてもロマンを感じる映画だった。