映画と映像とテキストと

映画や読んだ本などの感想を書きます。ビデオゲームについてはこちら→http://turqu-videogame.hatenablog.com/

『天国と地獄』を観た

1963年。黒澤明監督。いやぁ、面白い。時折「え?そうなの?」と思うようなところもあるけれど、エンターテインメントとして面白いから許せてしまう。簾越しに見える刑事の眼差しや、誘拐犯のサングラス顔が花に囲まれた中にニュッと出てくるとところなど、とにかく見ていて飽きない。こういう絵作りの見事さが、ドラマを一歩上のステージに押し上げる。

 

黒澤映画としては、決して第一に名前が上がるような映画ではないかもしれないが、素晴らしい作品だと思った。僕は、黒澤の現代モノに出てくる意地の悪い人間たちが好きだ。とても凡庸で小粒な悪にも思えるが、こちらの心地よさを上手くくすぐる憎たらしさがある。その分かりやすさにいやらしさがない。警察やマスコミたちを民衆の味方のようにして描くのも、どこか迎合するような楽しさがあって、そこも面白い。映画はいいな、と素朴に思ってしまった。